テストステロンが女性にどう影響する?

テストステロンが女性にどう影響する?

 

 

“テストステロン=男性ホルモン”という図式から、テストステロンは男性だけにあるものと思いがちですがこれは誤り。

 

 

女性の体内にも男性ホルモンはあって、卵巣の中で作られています。

 

 

しかもその量は女性ホルモンの10倍以上というのだから少しびっくりしますね。

 

 

一方で「女性らしさ」を支配するとされるエストロゲン(女性ホルモン)は、女性の生殖機能に関係する重要なものですが、男性にもこのエストロゲンは存在するのですね。

 

 

男性、女性という言葉がついているものの、性差関係なく持っているものだということです。

 

 

そうはいっても、普通に生活していて何の問題もなければ、ホルモンの影響が気になることは少ないと思います。

 

 

 

更年期がターニングポイント

 

女性が性ホルモンのことを意識しだすのは、ある程度の年齢になってからのことです。

 

 

閉経というイベントの前後の時期(=更年期)になると、女性の中のエストロゲン量がググッと減少します。

 

 

そのときエストロゲンは減るのですが、テストステロンの量は変化しません。

 

 

そのため相対的にテストステロンが優位になってしまいます

 

 

これによって起こるのが「男性化」「男性脳化」なのです。

 

 

最近では「オス化」なんて言われ方もしますが、これには性ホルモンが関係しているのですね。

 

 

40〜50代ころから、“体毛が濃くなった気がする” という人がいるのではないでしょうか?

 

 

あごの部分にちょろちょろとヒゲが生えてきたり、産毛が濃くなったり、という現象が起こることがあります。

 

 

これは身体的な変化ですね。

 

 

 

内面への影響

 

そして男性ホルモンが優位になることではっきりと現れだすのが「思考パターンの男性化」です。

 

 

若いころはつつましやかだった女性が、中高年になってから急にアクティブになることがあります。

 

 

たとえば韓流スターの追っかけを始めたり、友達と頻繁に旅行に出かけるようになるなど、明らかに考え方や行動に変化が現れる。

 

 

こういったことに少なからず男性ホルモンが影響していると考えられているのです。

 

 

良い影響だけならいいのですが、悪い影響が出ることもあります。

 

 

なにかと反発したり暴力的になるなど、男性的な悪い面が垣間見られるようになってきたら、それもテストステロンのせいだと言えるのです。

 

 

 

エストロゲンの分泌を正常化するには

 

閉経前後の時期には、女性の身体にさまざまな変化が現れだします。

 

 

ホットフラッシュと呼ばれる火照り・発汗などをともなう症状や、めまい・イライラ・不安感・不眠など。

 

 

これらが日常生活に支障をもたらすほどになるのが『更年期障害』です。

 

 

なぜ「女性らしさ」をつかさどるホルモンが減っただけで、こんな症状が起こるのかと疑問に思われるかもしれません。

 

 

エストロゲンは、女性の特徴である体の丸みやなめらかな肌、つややかな髪などに関係するものである一方で、

 

骨を作ったりなどの組織の形成・運営、月経リズムの管理、また言語能力など、生物学的な幅広い作用を持つ重要なホルモンなのです。

 

 

一般的に、閉経をはさんだ10年間が更年期と呼ばれ、それを過ぎるころにはエストロゲンの少ない状態に体が順応して症状が軽くなっていきます。

 

 

辛い更年期を乗り切るためには、たとえば婦人科の治療では、ホルモン補充療法や漢方を使った治療法などがあります。

 

 

またセルフケアで行えるものとして、エストロゲンの分泌を促すためのサプリメントを利用するという方法もあります。

 

 

おすすめ精力剤ランキング!

当サイト人気ナンバーワン精力剤!

 

 

 

人気の関連記事

 

レッドドラゴンの効果・口コミ 精力回復に効く多成分サプリ!

 

 

プロキオンとレッドドラゴンを安全面と価格で徹底比較!

 

 

セックスの翌日の疲れはテストステロン不足による精力減退

 

 

ペニス増大サプリでテストステロンは増えるの?

 

 

 

 


トップページ 勃起サプリ 増大サプリ サイトマップ