テストステロンを増やす食べ物は?アミノ酸スコアにカギがある

テストステロンを増やす食べ物は?

 

 

テストステロンを日々の食事で増やすことも大切です。

 

 

テストステロンの正常な分泌には栄養バランスのとれた食生活が欠かせませんが、そのなかでも最適な食材を選ぶことでより効率的に分泌を高めることができます。

 

 

そこでカギになってくるのが食材ごとに異なる「アミノ酸スコア」です。

 

 

アミノ酸スコアとは、食品中の必須アミノ酸の含有バランスを評価するための数値のこと。

 

 

男性ホルモン分泌に有効に作用する食品は、人間の体内で作ることのできない9つのアミノ酸(必須アミノ酸)のバランスが完璧か、それに近い数値を示しているのです。

 

 

アミノ酸スコアが満点の食材

牛ロース(脂身なし)・鶏むね肉・鶏レバー・鶏卵・牛乳・アジ・鮭 など

 

アミノ酸スコアが高い食材

豆腐・アサリ・白米・ほうれん草・トマト・小麦粉 など

 

テストステロンを増やし勃起不全を解消する3つのサプリメント

 

 

 

精のつく食べ物も有効

 

 

先人の知恵は偉大です。

 

 

昔から「精のつく食べ物」と言われてきた玉ねぎ・ニンニク・山芋・人参なども、テストステロンを増やすためには有効な食材になります。

 

 

漢方薬の重要な素材でもある山芋には、副腎や性腺で生成されるDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)という男性ホルモンを高める働きがあります。

 

 

“元気の素”のようなイメージのニンニクですが、単体でとってもそれほどホルモンには影響しないことがわかっています。

 

 

ニンニクはタンパク質を含むほかの食材と一緒に食べることで威力が絶大になるのでおすすめです。

 

 

ですから、かつおのたたきにニンニクチップを入れたものやガーリックステーキなどは、非常に理にかなった男性力アップのメニューだと言えるのですね。

 

 

 

 

南方の植物にも注目

 

日本原産ではないために簡単には手に入らないけれど、テストステロンを高めるのに適した食材というものもあります。

 

 

マカ・ソフォン・トンカットアリなどがその一例で、いずれも南の暖かい地域で取れる植物です。

 

 

精巣機能は高熱に弱いとして知られています。

 

 

そのため精巣(睾丸)は体の外部にあって冷やしやすいようになっているのですが、暑い国ではそれでも厳しいのかもしれません。

 

 

精巣が熱で傷んで、テストステロンが早く衰えやすい、

 

それに対抗するために、さまざまな植物素材が探求されてきた、という経緯があるのではないでしょうか。

 

 

上記の3種の植物が男性ホルモンに与える影響については、以下の記事を参考にしてみてください。

 

マカ

 

ソフォン

 

トンカットアリ

 

 


以上のような食べ物を選ぶことでテストステロンを増やすことができるものの、こういったものだけで構成された偏った食生活は本末転倒です。

 

 

男性の健康と男性機能の活性化のベースとなるのは、あくまでもバランスの良い食生活になります。

 

 

人気の関連記事

 

レッドドラゴンの効果・口コミ 精力回復に効く多成分サプリ!

 

 

プロキオンとレッドドラゴンを安全面と価格で徹底比較!

 

 

セックスの翌日の疲れはテストステロン不足による精力減退

 

 

ペニス増大サプリでテストステロンは増えるの?

 

 

 

 

>>テストステロンを増やす3種のサプリ トップページ

 

 


トップページ 勃起サプリ 増大サプリ サイトマップ