テストステロンは一酸化窒素を増やして勃起不全を防止する

テストステロンは一酸化窒素を増やして勃起不全を防止する

 

テストステロンは、男性性器の発育と機能の維持など、生殖機能に直結するホルモンとして知られています。

 

 

このホルモンの分泌が減ることで、精力減退や勃起機能の低下を招き、それを放置しておくと勃起不全(ED)になる恐れもあります。

 

 

我々男性の下半身の元気はこのホルモンの働き次第とも言えるのですね。

 

 

では、そのテストステロンは身体に対して、具体的にはどのような働きかけをしているのでしょうか?

 

 

キーワードは『NO』です。

 

 

 

一酸化窒素(NO)のおかげで勃起が起こる

 

テストステロンの分泌が減る ⇒ 勃起機能が危うくなる

 

 

これは事実なわけですが、あいだの説明を端折っているのでわかりずらいですね。

 

 

まず男性性機能のシステムを見ていくと、勃起はペニスの海綿体が充血して起こるものだということがわかります。

 

 

ペニスの動脈に血液が流れ込み、それが海綿体にまで達して勃起するのですが、なぜ普段は血液が入り込まないのでしょう。

 

 

それはペニスの筋肉が緊張して血管を引き締めているからです。

 

 

その緊張が性的刺激を感じることで“ゆるむ”のですね。

 

 

そのゆるませる作用をするのが、神経や血管で生成された一酸化窒素(NO)です。

 

 

若々しい健康体においては、一酸化窒素(NO)が充分に生成されて、ペニスの筋肉をゆるめる方向に作用するのですが・・・

 

 

加齢やストレスによって体の機能が弱まるとNOが不足して、その結果うまく勃起が起こらなくなってしまいます。

 

 

この体の機能が弱まっている状態 = テストステロンが減っている状態ということなのです。

 

 

男性ホルモンの正常な分泌がなくなると、男らしさも低下してしまうというわけなのですね。

 

 

 

うつや血管の病気も引き起こす

 

テストステロンが低下してNOの生成能力が低くなると、男性の身体には様々な症状が現れるようになります。

 

 

それは高血圧などの生活習慣病であったり、うつ病だったりします。

 

 

勃起不全(ED)は血流機能が弱った末の症状ですし、ほとんどの生活習慣病も同様です。

 

 

中高年になってから朝立ちがなくなると「もう年だからな・・・」などと思い込んであきらめてしまう人も多いのですが、実のところは「血管の老化」がその原因なのですね。

 

 

そして、うつ病の患者さんというのは、うつ病になる一年位前から朝立ちがなくなることも多いのです。

 

 

うつと言うと「心の風邪」などと呼ばれることもありますが、その発端というか機能的な要因の部分でのきっかけは身体面にあるということになります。

 

 

逆に言えば、年をとって性機能に自信がなくなっても、一日中気分が落ち込むようになったとしても、テストステロンを高く保つことで改善は見込めるということなのです。

 

【2017年版】テストステロンを増やす勃起サプリランキングを今すぐチェック!

 

 

 

人気の関連記事

 

テストステロンを増やす成分・栄養素にはどんなものがある?

 

 

テストステロン(男性ホルモン)が多いとモテるのか?

 

 

テストステロン増加で精液も増えるの?

 

 

テストステロン上昇させ勃起させる男性サプリについて

 

 

 

 

おすすめ精力剤ランキング!

当サイト人気ナンバーワン精力剤!


トップページ 勃起サプリランキング 増大サプリランキング 勃起サプリ一覧