テストステロンを増やすのに筋トレが効果的なワケは?

テストステロンを増やすのに筋トレが効果的なワケは?

 

以前、テストステロンを増やすには運動が効果的だと書きました。

 

 

そして筋肉を鍛える筋トレも有効です。

 

 

テストステロンが高く維持されることで、筋肉がつきやすくなるという相互効果も見込めます。

 

 

ただし、筋肉が肥大するほどにテストステロンが増すというわけではないので、ボディビルダーのように鍛える必要はありません。

 

 

また、運動は継続することが大切ですから、激しいスポーツよりも無理なく続けられるものを選ぶほうが重要なのです。

 

 

激しすぎる運動は身体にストレスをかけて、その結果男性ホルモンの分泌に働きかける亜鉛の消費量を増やしてしまいます。

 

 

その意味でも男性機能を向上させる目的ならば、適度な運動が適しているといえます。

 

テストステロンを増やし勃起不全を解消する3つのサプリメント

 

 

 

メタボ予防、EDの防止にも

 

体を動かして筋肉をつけることで、体の基礎代謝がアップします。

 

 

そうなると内臓脂肪が減ってメタボリックシンドロームの防止にもつながります。

 

 

内臓脂肪の増加がテストステロンの分泌を低める一因であることは臨床データからも明らかですから、運動は一石二鳥だということです。

 

 

そのうえ、テストステロンが少ないと脂肪がつきやすくなるという、これもまた相互に作用しあう要素になっていますから、一石三鳥だとも言えますね。

 

 

逆に、メタボな体型をさらしていれば、「男としての地力が減ってきています」と宣伝しているようなものです。

 

 

また、有酸素運動などの適度な運動は、気分をリフレッシュさせてストレスの解消にもなります。

 

 

ストレスの蓄積は勃起不全(ED)など、男性機能低下の原因ともなるもの

 

 

特に中年以降の男性にとっては、下半身の元気を失わないためにもウォーキングやジョギング、水泳などはもってこいだということになります。

 

 

 

精製能力をアップしたいときは

 

下半身の衰えを感じだすと、同時に射精の勢いや精子の量といった精製機能についても不満が出てきやすいものです。

 

 

そんな症状に悩まされているなら、重点的に鍛えたいのは下半身になります。

 

 

テストステロンの量は、健康な精子を作り出すシステムである生殖機能の性能に直結しています。

 

 

そして男性ホルモンであるテストステロンの分泌元は睾丸です。

 

 

そのため、睾丸に近い部位である下半身を優先的に鍛えることができれば、テストステロンの分泌がより促されるようになるのですね。

 

 

元気で質の良い精子というのは男性力の象徴のようなものです。

 

 

その部分が充実していれば、たとえば男性不妊などに悩む理由は消し飛んでしまうでしょう。

 

 

 

手早くテストステロンを増やしたいのなら

 

「テストステロンは増やしたいけど運動は苦手で・・・」という人もいるかもしれません。

 

 

何らかの理由から定期的な運動が難しいケースもあるかもしれませんね。

 

 

それに、筋肉を鍛えるというのは地道な努力ですから、満足のいく結果が出るまでに数か月以上かかるのは当たり前。

 

 

そんなには待てない!という場合には、勃起不全回復サプリメントを取り入れたほうがスピーディです。

 

 

精力剤系のサプリですから、性機能の向上を望まない人には必要ありませんが、テストステロンを高めたいならこれが近道だといえます。

 

 

勃起補助薬(バイアグラ等)ではないので効果は比較的緩やかですが、筋トレよりは効果を実感できるまでが早いでしょう。

 

 

テストステロンを増やす勃起改善サプリメント

 

 

人気の関連記事

 

レッドドラゴンの効果・口コミ 精力回復に効く多成分サプリ!

 

 

プロキオンとレッドドラゴンを安全面と価格で徹底比較!

 

 

セックスの翌日の疲れはテストステロン不足による精力減退

 

 

ペニス増大サプリでテストステロンは増えるの?

 

 

 

 


トップページ 勃起サプリ 増大サプリ サイトマップ