テストステロンを増やすと肥満解消に効果ありです

テストステロンを増やすと肥満解消に効果ありです

 

テストステロンが低下すると内臓脂肪が増えやすくなります。

 

 

たとえば40代以降の男性で「なんだか急にお腹まわりが出てきた」という人や、

 

定期健診などでメタボリックシンドロームの診断を受けてしまったというときには要注意です。

 

 

メタボが怖いのは、改善しないとその先に大きな病気が待っていること

 

 

メタボリックシンドロームは、肥満によって代謝システムが正常に働かなくなり、高血圧や高血糖、脂質異常などを引き起こしてしまいます。

 

 

その結果として進行するのが動脈硬化です。

 

 

動脈硬化は、日本人の3大死因である脳卒中と心臓病の危険性を高めてしまう、中高年男性が最も気を付けるべき症状のひとつなのです。

 

 

動脈硬化が厄介な点は、自覚症状が出てきにくく気づきづらいのに、気づいたときには遅いというケースが多いことにあります。

 

 

ですから、未然に防ぐことが重要。

 

 

一日も早くメタボを解消したいところです。

 

 

 

メタボの予防と脱却法

 

たまに脂肪を減らす努力をせずに、高血圧の薬だけで対処しようとしている人がいますが、これはとても危険なこと。

 

 

高血圧だけ改善しても、脂質異常は発症したまま、さらに悪化することも考えられます。

 

 

しっかりと内臓脂肪を落とす方向で努力しましょう。 

 

 

メタボの予防と脱却に効果的なのは、食生活の改善と運動不足の解消です。

 

 

スポーツなどで体を動かせばテストステロンの分泌力が高まり、その作用で筋肉も付きやすくなる。

 

 

筋肉が付けば基礎代謝が向上して太りにくくなるという好循環が生まれます。

 

 

筋肉は下半身に多いので、鍛えるには足腰に負担のかかるスポーツが適しています。

 

 

普段体を動かしていない人だったら、ウォーキングやスロージョギングなどから始めるのがおすすめです。

 

 

 

また、運動することでストレス解消もできますから、これもテストステロンを増やす効果があります。

 

 

ただし、ダイエットの目的は体重ではなく脂肪を減らすことです。

 

 

食事制限だけの無理な減量は、筋肉量を減らしてしまうことにもなりかねません。

 

 

筋肉の衰えは男性ホルモンを減らすことにもなりますし、脂肪も燃えにくくなるため避けたいところです。

 

 

毎日忙しくて、運動のためにわざわざ時間をとるのが難しい、という場合には、

  • いつもエレベーターを使っていた場所で階段を使う
  •  

  • 少しの距離なら車や交通機関を使わずに歩くようにする

など工夫してみてはどうでしょう。

 

 

運動するなら、とにかく継続が一番大切です。

 

 

一度始めてもやめてしまうと、テストステロンの値はすぐに元に戻ってしまいます。

 

 

運動とテストステロンを増やすサプリメントを併用すれば、相乗効果でメタボ解消もスピードアップするかもしれません。

 

 

【2017年版】テストステロンを増やす勃起サプリランキングを今すぐチェック!

 

 

 

人気の関連記事

 

テストステロンを増やす成分・栄養素にはどんなものがある?

 

 

テストステロン(男性ホルモン)が多いとモテるのか?

 

 

テストステロン増加で精液も増えるの?

 

 

テストステロン上昇させ勃起させる男性サプリについて

 

 

 

 

おすすめ精力剤ランキング!

当サイト人気ナンバーワン精力剤!


トップページ 勃起サプリランキング 増大サプリランキング 勃起サプリ一覧