睡眠不足だとテストステロンを高めるのは難しくなる

睡眠不足だとテストステロンを高めるのは難しくなる

 

 

テストステロン(男性ホルモン)はリラックスしている時間帯に分泌が高まるものです。

 

 

睡眠中には、自律神経が副交感神経優位になって、非常にリラックスしている状態。

 

 

つまり、すやすやと寝ている就寝中は、テストステロンが増えるのに最適なタイミングなんですね。

 

 

そんななか、現代の日本人は「世界で一番睡眠時間が短い民族」だとされています。

 

 

長い時間働くことが美徳とされている国なので、そのぶん寝る時間が圧迫されてしまいがち。

 

 

特に働き盛りの30〜50代の男性なら、睡眠不足なのが常態・・・・・という人も少なくないのではないでしょうか?

 

 

それでは男性の性機能が低くなって、ED率が上昇してしまうのも、当然のことと言えるかもしれませんね。

 

 

↓こういった「自然素材のみでできた睡眠サプリメント」も検討の価値ありだと思います。

 

 

潤睡ハーブの詳細はこちら

 

 

 

男性ホルモンの生成が後回しになる理由

 

内分泌系ホルモンであるテストステロンは、精巣(睾丸)内で生成されます。

 

 

この生産命令を出すのは脳の下垂体です。

 

 

下垂体が出した刺激ホルモンの影響を受けて、精巣内でテストステロンが生み出されます。

 

 

ですが、極度に緊張したり、ストレス過多な状態になると、これも脳の中枢器官である視床下部から別の種類のホルモンが分泌されてしまうのです。

 

 

これが『副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン』(CRF)と呼ばれるものになります。

 

 

CRFはストレス等に脅かされている体内でのホルモン調整を行う物質なのですが、これが分泌されているあいだは、刺激ホルモンの分泌がストップしてしまいます。

 

 

「今は危険が迫っていて緊急時だから性ホルモンを作っている場合じゃない!」と後回しにされてしまうのですね。

 

 

ですから、緊張状態・ストレス状態が続くほど、それから睡眠不足な生活が長引くほどに、テストステロンの値は低くなりがちになってしまう・・・ということになります。

 

 

 

テストステロン値が低いならない生活習慣が大切

 

 

 

たとえば原始時代の人間に不安や心配事がなかったのか?というと、そんなことはないでしょう。

 

 

肉食獣に襲われる危険性、災害や飢饉への不安もあったはずです。

 

 

現代社会では、それらと取って代わって

 

「会社で任された仕事、上手くやれるだろうか」

 

「子供の教育費やローンでお金がいくらあっても足りない」

 

などの不安感が蔓延しています。

 

 

それらを払拭しようとして、今まで以上に身を粉にして働く。

 

 

それがまた睡眠不足を確保しづらい生活スタイルを導いてしまう・・・・。

 

 

ストレス社会に生きる日本人男性のテストステロン値が低いのは、こういった理由もあるのです。

 

 

仕事優先のライフスタイルはしょうがない面はあるものの、本当なら休息を取っているはずの時間帯に夜更かししてしまうのは勧められません。

 

 

できるかぎり睡眠時間を確保して、テストステロン値が低くなりすぎないように精力・活力を養う努力は必要なことです。

 

テストステロンを増やし勃起不全を解消する3つのサプリメント

 

 

おすすめ精力剤ランキング!

当サイト人気ナンバーワン精力剤!

 

 

 

人気の関連記事

 

男の自信を取り戻す!勃起サプリランキング

 

 

コンプレックスを自信に変える!増大サプリランキング

 

 

最強の男性用サプリ【ヴィトックスα】を徹底解説!

 

 

中高年男性から絶大な支持!【クラチャイダムゴールド】について解説

 

 

 

 


トップページ 勃起サプリランキング 増大サプリランキング 勃起サプリ一覧