オルニチンがテストステロンを増やす?

オルニチンがテストステロンを増やす?

 

しじみに多く含まれるアミノ酸オルニチン

 

 

その肝臓の機能を助ける作用から、二日酔い対策に最適ともいわれる栄養素ですが、テストステロンを増やす働きもするのか?

 

 

食材で言えば、テストステロン分泌に寄与するのは必須アミノ酸を有する食べ物たちです。

 

 

肉類や魚類の一部の食品、それから牛乳や乳製品も、体内では作られない必須アミノ酸を多く含む “アミノ酸スコア100%” の食材だとされています。

 

>>テストステロンを増やす食べ物は?アミノ酸スコアにカギがある

 

 

オルニチンはそれらの中には含まれないのですが、別の働きがあることから男性ホルモンの分泌を高めるともされる無視できない存在です。

 

 

 

オルニチンの2つの精力アップ効果

成長ホルモン分泌を誘導する

テストステロン値を上げるためには、まず食事やサプリからしか摂れない必須アミノ酸が十分にあることが重要です。

 

 

そこにホルモン合成を助ける各種ビタミン類やミネラル類があれば、分泌を正常化することができます。

 

 

そして、さらに良いのが、成長ホルモンの分泌を増やす成分が同時にあることになります。

 

 

以下のページでも述べたように、オルニチンは成長ホルモン誘導体としての働きをするので、摂取により睡眠中の成長ホルモン分泌が増加するといわれています。

 

>>テストステロンでペニスのサイズアップ・性器増大はできる?

 

 

そしてテストステロンは筋肉や骨格の形成に欠かせないという意味で、成長ホルモンのひとつに数えられるものなのですね。

 

 

オルニチンをとると、疲れが軽くなったり、肌質が改善するともいわれますが、これは成長ホルモン分泌促進効果が効いているという説もあるのです。

 

 

成長ホルモン促進を助けるアミノ酸にはほかに、アルギニン・リジン・グルタミンがあります。

 

 

筋肉を作り体脂肪を減らす

多くのアミノ酸は、それ自体が細胞の構成要素(タンパク質)となるものです。

 

 

そのような中で、オルニチンはタンパク質を形成しない遊離アミノ酸と呼ばれています。

 

 

ほかのアミノ酸類とは役割を別にして、筋肉を作るときに材料とはならずに、
生成を補助する役目をするものなのです。

 

 

このアミノ酸が十分な量あることで、筋肉量が増し、その分ほど基礎代謝量も増えることになります。

 

 

筋骨隆々な男性はテストステロンが多いとも言われますが、これは正解で、逆に内臓脂肪が多いほどテストステロンが減りやすいともされています。

 

 

男らしい体つきは男性機能も優れている証です。

 

 

筋肉を作る助けをするオルニチンが増えれば、それだけカロリーが効率的に燃えやすくなって、相対的に脂肪分は減っていきます。

 

 

そうして結果的にテストステロンが増えやすい体質になる、ということです。

 

 

男性にとっては重要な役割のある有効成分ですから、不足のないように気をつけたいところですね。

 

 

「毎日シジミ汁を食べるのも難しいしな・・・・」

 

という場合には、以下で紹介しているサプリが手軽で効率的でしょう。

 

 

今現在売れているオルニチンサプリ2商品

レバリズム・L

 

 

 

オルニチン豊富なしじみエキスだけでなく、牡蠣エキスやスクワレン、シスチン、ビタミンB2・Eといった “肝臓にいい成分” を勢ぞろいさせたサプリ。

 

厳選された本格成分を凝縮しているため値段は安くない。

 

それでも「満足度が高く」「リピーターが多い」ことが、この製品の実力を物語るす。

 

公式サイトを見てみる

 

しじみにんにく極


オルニチンだけじゃない!活力成分「アリシン」もとれる健康サプリ。

 

ニンニクに含まれるアリシンはスタミナアップはもちろん、アンチエイジング効果(抗酸化作用)も発揮してくれる。

 

お試し・サンプル品はないものの、実感力で男性に人気のオルニチンサプリ。

 

公式サイトを見てみる


トップページ 勃起サプリ 増大サプリ サイトマップ