セックスの翌日の疲れはテストステロン不足による精力減退

セックスの翌日の疲れはテストステロン不足による精力減退

 

 

パートナーとのセックス後には、心地よい疲労感や心身がスッキリした感覚があるのが普通です。

 

 

性行為は生殖活動ですから、本能的に達成感を感じて、肉体的にも精神的にも充実するのが本当のところなはずなのですが・・・・。

 

 

セックスの疲れが翌日になってもとれない、という男性もおられるようです。

 

 

激しすぎるスタイルを好んだり、あまりにも長時間しないと満足できない性癖なら肉体疲労が出てもおかしくないものの、

 

 

“充実感をともなわないだるさ” がある場合は、テストステロン不足による精力減退を疑ったほうがいいかもしれません。

 

 

テストステロンが低下すると、性欲・性機能の低下はもちろん、疲労感を感じやすくなってしまうのです。

 

テストステロンを増やし勃起不全を解消する3つのサプリメント

 

 


「手頃な値段で」「お手軽に」・・・そういった疲労回復サプリなら【海乳EX】がおすすめです。

 

 

亜鉛・タウリン・グリコーゲンといった “元気のもと” がたっぷりのサプリメント。

 

 

今売れているのも納得の内容です。

 

 

海乳EX公式ページを見てみる

 

 

 

 

男性の心身を支える性ホルモン

 

血中総テストステロン量が減ることで、疲労度を示す「疲労スコア」が上昇するという研究結果が出ています。

 

 

たとえば著しい疲れを感じているエイズ(HIV感染症)患者さんに、男性ホルモンを補充すると疲労が改善したという実験結果もあるほどなのですね。

 

 

疲労感がホルモンの影響なら、ゆくゆくは性機能の低下、ひいてはED・セックスレスにつながってしまうかもしれませんから要注意です。

 

 

男性ホルモンの低下は心身の両面に、以下のような男性機能不全をもたらします。

 

  • 性欲や性的衝動の減少
  •  

  • セックスのよろこびの低下
  •  

  • 朝立ちが減る
  •  

  • 勃起が持続しない(中折れ)

 

 

テストステロンは20代をピークに、年齢とともに自然に減っていくものです。

 

 

減ったからすぐに勃起障害になるとは限りませんが、男性にとっての「やる気ホルモン」ですから、冒険心や行動力、そして肉体的強さも削がれていきます。

 

 

急激に減少してしまうと、男にとっていろんな面で困ることになるのですね。

 

 

特にもともとテストステロン値が高かった人が大幅に減ってしまうと、その悪影響も比例して大きなものになる傾向があるといいます。

 

 

 

男性は気がつきにくい、だからこその早めのセルフケア

 

女性の場合、性ホルモンの低下は判断がつきやすいもの。

 

 

閉経というわかりやすいイベントがあり、更年期の症状もはっきりした形で現れやすいからです。

 

 

一方で男性の場合は、不具合の出てきかたは緩やかなのが一般的。

 

 

そのぶん見過ごしやすいともいえます。

 

 

今回の性交後の疲労感などは、その最たる例かもしれません。

 

 

まさかホルモンに関係していると想像できる人は少ないでしょう。

 

 

だからこそ、ある程度の年齢になった男性にはセルフメンテナンスの意識が必要です。

 

 

テストステロンを正常化するためのサプリメントなどを、早めに取り入れておくのもその方法のひとつです。

 

テストステロンを増やし勃起不全を解消する3つのサプリメント

 

 

おすすめ精力剤ランキング!

当サイト人気ナンバーワン精力剤!

 

 

 

人気の関連記事

 

男の自信を取り戻す!勃起サプリランキング

 

 

コンプレックスを自信に変える!増大サプリランキング

 

 

最強の男性用サプリ【ヴィトックスα】を徹底解説!

 

 

中高年男性から絶大な支持!【クラチャイダムゴールド】について解説

 

 

 

 

 


トップページ 勃起サプリランキング 増大サプリランキング 勃起サプリ一覧