テストステロンがハゲの原因になるは本当?

テストステロンがハゲの原因になるは本当?

 

なった人しかわからないでしょうが、薄毛の問題は心の痛みです。

 

 

中年になってから、鏡の中の頭のさみしくなった自分と若いころの写真を見比べて、ショックを受けたことがある男性は多いのではないかと思います。

 

 

男性の活気に関わるテストステロン(男性ホルモン)が増えると薄毛が進行してしまう、という説がありますね。

 

 

男性力は高めるためにテストステロンを増やしたいけどハゲは嫌だ、と思い悩んでいる人もいるといいます。

 

 

ですが安心してください。これは完全な俗説です。

 

 

結論:テストステロンの分泌量は髪の毛の量には関係しない

 

 

これ、よく考えてみるとわかるのですが、テストステロンの分泌が一番旺盛なのは、20代の頃なわけです。

 

 

ホルモンが多いとハゲになるという理屈なら、若い男性はみんなつるっぱげになってもおかしくないということですよね?

 

 

ですが実際に髪の毛が薄くなるのは、多くの場合、歳を取ってからです。

 

 

確かに男性ホルモンは体毛の発育に関係しているのですが、テストステロンそのものが髪の脱毛を促進しているという医学的研究データはないのです。

 

 

テストステロンを増やす3つのサプリメント

 

 

 

ハゲる原因と対処法

 

男性型脱毛症を引き起こす成分は、毛乳頭や皮脂腺の中にある5a-リダクターゼという還元酵素になります。

 

 

この酵素が発生し、毛母細胞の中でテストステロンと結びつくと、ジヒドロテストロン(DHT)と呼ばれる悪玉ホルモンに変換されます。

 

 

このジヒドロテストロンが毛母細胞の分裂を阻害してしまうと、毛髪が抜けたあとに新しい毛が育たず、その結果ハゲてしまうことになります。

 

 

つまり、5a-リダクターゼと結びつかない限り、テストステロン自体がどれほど多くても育毛や発毛に害を与えることはありません。

 

 

悪玉男性ホルモンの発生が抜け毛の直接の要因なわけですから、男性ホルモンが単体で存在していても何ら問題はないということになるのですね。

 

 

髪の毛フサフサ、胸毛やすね毛も多いという男性は珍しくないですからね。

 

 

ただここで注意したいのは、薄毛になる主な原因には

  • 過度なストレス
  •  

  • 睡眠不足
  •  

  • 喫煙

といった、テストステロンが減ってしまう理由と共通したものがあるということです。

 

 

日々の生活の中で見直すべきポイントが似通っていますから、予防策も共通しているということになります。

 

 

5a-リダクターゼを抑制する手段には薬品などもありますが、医薬部外品の育毛剤が副作用の心配もなくおすすめです。

 

 

有効成分としてはノコギリヤシ亜鉛を含むものが男性型脱毛症(AGA)対策しやすく、育毛効果を実感しやすい傾向にあります。

 

 

同時に頭皮環境を整えてくれる効果があり、リピーターが多いものだけをご紹介しておきますので参考にしてみてください。

 

 

チャップアップ
副作用訴求

 

イクオス
無添加育毛剤イクオス

 

プランテル
プランテル

 

 

おすすめ精力剤ランキング!

当サイト人気ナンバーワン精力剤!

 

 

 

人気の関連記事

 

レッドドラゴンの効果・口コミ 精力回復に効く多成分サプリ!

 

 

プロキオンとレッドドラゴンを安全面と価格で徹底比較!

 

 

セックスの翌日の疲れはテストステロン不足による精力減退

 

 

ペニス増大サプリでテストステロンは増えるの?

 

 

 

 


トップページ 勃起サプリ 増大サプリ サイトマップ