定期的なセックス・オナニーが勃起不全(ED)を予防する

定期的なセックス・オナニーが勃起不全(ED)を予防する

 

 

日本人は “世界一セックスしない民族” と言われています。

 

 

2006年に日本性科学会が行ったアンケートによると、既婚者のうち「1ヶ月間セックスしていない」と答えた人の割合は34.6%にものぼったとのこと。

 

 

年齢やパートナーの有無に関係なく、性的接触のないセックスレスになっている人は実に多いということなんですね。

 

 

このセックスレス(またはオナニーレス)が、男性の場合、勃起不全(ED)を招いてしまう要因にもなりかねないので注意が必要です。

 

 

逆に言えば、定期的な定期的なセックス・オナニーを大切にしていれば、勃起不全(ED)を予防できることにもなります。

 

2017年最新版の勃起力改善サプリランキングを今すぐチェック!

 

 

 

 

使わないと海綿体は萎縮する

 

長期間にわたってSEXもオナニーもせず、ペニスを活動させないでいると海綿体は萎縮してしまいます。

 

 

血流がとどこおるようになり、いざというときに勃起に支障が出るようになってしまうんですね。

 

 

寝たきりの状態が続くと足の筋肉が落ちて歩けなくなったり、柔らかいものばかり食べていてアゴが弱くなるのと原理は一緒です。

 

 

これを「廃用性萎縮」といいます。

 

 

男性器を使わない安静状態が長くなるほど、機能不全(=器質性の勃起不全)になってしまいやすいのです。

 

 

 

とても大事な「一日一勃」

 

でも、そうは言ってもセックスの相手(彼女・奥さん)がいない?

 

 

大丈夫、マスターベーションでもいいのです。

 

 

オチンチンを定期的に元気にする習慣をつけましょう。

 

 

なによりも「一日一勃」の心がけが大切。

 

 

そして「右手は最高の恋人」ともいいますし。

 

 

そうすることで海綿体の血管の収縮を防ぐことができ、勃起機能を維持することができます。

 

 

また、人間の性行為は “脳でするもの” でもあるので、性的な刺激(自慰であっても)があれば脳が活性化してホルモンの分泌も活発になります。

 

 

このときに無理に射精にまで至る必要はありません。

 

 

勃起すること、勃起状態を維持できることが重要なので、こだわらなくて大丈夫です。

 

 

ただし、オナニーするときにペニスを強く握りすぎたり、手を早く動かしすぎたりすると刺激が強すぎて「オナニーED」になる危険性もあります。

 

 

そうなると、オナニーの快感度が高すぎて、実際に女性の膣に挿入すると萎えてしまう・・・そんな事態にもなりかねないので、手加減が大事ですよ。

 

 

おすすめ精力剤ランキング!

当サイト人気ナンバーワン精力剤!

 

 

 

人気の関連記事

 

男の自信を取り戻す!勃起サプリランキング

 

 

コンプレックスを自信に変える!増大サプリランキング

 

 

最強の男性用サプリ【ヴィトックスα】を徹底解説!

 

 

中高年男性から絶大な支持!【クラチャイダムゴールド】について解説

 

 

 

 


トップページ 勃起サプリランキング 増大サプリランキング 勃起サプリ一覧