包茎は男性器の大きな悩み 手術は保険や学割が効くことも

包茎は男性器の大きな悩み 手術は保険や学割が効くことも

 

男性の悩みと言えば男性器のことは切っても切れません。

 

 

ここでは、そんな男性器の悩みの一つ「包茎」について、その種類やデメリット、解消するための治療、手術について説明しています。

 

 

 

包茎の3つの種類

 

皆さんが目を逸らしがちですが、何と日本人男性の6割が包茎と言われています。

 

 

そして、包茎には皮のかむり方や程度によっていくつかの種類があります。

 

 

勃起時に亀頭が完全に皮被ってしまうのが真性包茎

 

 

勃起時に皮は被るものの亀頭の先が少し出るのがカントン

 

 

勃起時には皮が剥けるけれど、平常時には皮が被っているのが仮性包茎です。

 

 

 

包茎のデメリット

 

包茎は多くの男性にとって明らかなコンプレックスなので、多くの人が隠したがります。

 

 

ですから男同士の会話でもほとんど表に出ることはないでしょう。

 

 

ですが、いくらバレないからといって、包茎はそのままにしておくと大変なことになります。

 

 

まずは皮に隠れている部分は汚れが溜まりやすいため、雑菌が繁殖して陰茎に炎症を起こしやすくなります。

 

 

感染症にもかかりやすく、かかったときも治りにくくなります。

 

 

さらには、皮に阻まれて陰茎の成長が阻害されやすいため、包茎男性は短小ペニスになる可能性も高くなってしまうのです。

 

 

もともとの男性器の大きさに自信無い人が包茎だった場合、より成長できにくいということになり、サイズ的なコンプレックスにもつながってしまいます。

 

 

そのうえ、性行為に至った場合には、女性からも「不衛生」とか「臭い」と見られるのでデメリットはかなり大きいです。

 

 

 

心理面で萎縮してしまうケースも

 

人間の心と身体は綿密なつながりを持っているものです。

 

 

肉体的なコンプレックスのために、心理面で萎縮してしまうケースも珍しくありません。

 

 

包茎の男性は、そのことで悩んで悩んで、ときに精神的に病んでしまうこともあるようです。

 

 

それほど心身ともに大事なことであるのに、日本人の特徴の「慎ましくある」ということを「隠すこと」ととらえ、肉体的な不具合を隠してしまうがちです。

 

 

結果、包茎で悩んでいる人は治療することのメリットを知らずに包茎のまま人生を終えること少なくはありません。

 

 

 

包茎の治療や手術

 

欧米では包茎手術や治療は一般的です。

 

 

専門クリニックでの治療や手術を受けることで様々なメリットがあります。

 

 

仮性包茎の場合は、手術すら必要ない、簡単な施術のみで済む場合もあります。

 

 

保険が効いたり学割が効くこともあるため、想像しているよりも低コストで済むケースもあるでしょう。

 

 

男性器は身体の成長に合わせて成長するので、対策を行うならできるだけ早いうち若いうちがおすすめです。

 

 

しかし、身体の成長期過ぎた後でも男性器は成長することもあります。

 

 

ペニス増大サプリを使用することでサイズアップができ、包茎や短小が改善したという例もあります。

 

 

今一度自分自身と向かい合って、最善な方法を見つけてみてはどうでしょうか。

 

上野クリニック

 

 

 

おすすめ精力剤ランキング!

当サイト人気ナンバーワン精力剤!

 

 

 

人気の関連記事

 

男の自信を取り戻す!勃起サプリランキング

 

 

コンプレックスを自信に変える!増大サプリランキング

 

 

最強の男性用サプリ【ヴィトックスα】を徹底解説!

 

 

中高年男性から絶大な支持!【クラチャイダムゴールド】について解説

 

 


トップページ 勃起サプリランキング 増大サプリランキング 勃起サプリ一覧