60代の精力の衰えの原因は酒とタバコ!その理由を解説します

60代の精力の衰えの原因は酒とタバコ!その理由を解説します

 

 

最近は60代といっても見た目はまだまだ若いですが、やっぱり衰えが隠せなくなってくる部分もありますね。

 

 

男性にとっては、それが精力ダウンとしてはっきりと表に出てきてしまいます。

 

 

精力は、だれでも年齢を重ねるほどにある程度は低下してしまうものですが、生活習慣が精力低下を加速させてしまうケースもあります。

 

 

とくに悪習と言われることの多い「お酒」と「タバコ」は、60代男性の精力減退の大きな要因となるものです。

 

2018年最新版の勃起力改善サプリランキングを今すぐチェック!

 

 

 

 

毎日の晩酌が精力を弱くする理由

 

晩酌や会社の付き合いなどで、毎日のようにお酒を飲んでいる男性も多いと思います。

 

 

しかし、この晩酌の日常化が精力の衰えにもつながってしまうのです。

 

 

アルコール飲料には多くの糖質が含まれていて、飲酒によって糖質が体内に蓄積されてしまいます。

 

 

すると蓄積された糖質が脂質へと変化し、血管や体内器官に付着してしまうのです。

 

 

その結果、血液循環が悪くなり、下半身への血流機能も低下、最悪の場合には勃起不全につながってしまいます。

 

 

また、アルコール成分の毒素アセトアルデヒトには脳への伝達信号を正常に行わなくさせてしまう働きがあります。

 

 

性的興奮は身体的刺激も重要となっていますが、目で見るという視覚的な刺激も大きな要素です。

 

 

そのため、飲酒後に性行為を行おうとしても脳への視覚による性的興奮が異常となってしまい、これもまた勃起不全になる要因となってしまいます。

 

 

とくに60代になると精力自体が自然に減退してくるため、飲酒の悪影響をとりわけ受けやすいということになってしまうのです。

 

 

 

愛煙家の精力が弱まりやすい理由

 

近年、禁煙される男性も増えてきていますが、愛煙家にとってはタバコはなかなか辞められない嗜好品でしょう。

 

 

しかし、喫煙もED(勃起不全)になる要因です。

 

 

タバコに含まれているニコチンは、体内のビタミン類を破壊してしまいます。

 

 

ビタミン類は体内細胞の活性化に欠かせない成分。

 

 

ニコチンによって細胞が破壊されると血液の悪循環だけでなく、免疫力・抵抗力の低下、脂質糖質や毒素の排出など、あらゆる機能の低下につながってしまいます。

 

 

特に免疫力・抵抗力の低下は細菌やウィルスの侵入に対する耐性を低めてしまい、年齢によるもの以上に体内細胞の老化や劣化につながってしまうのです。

 

 

そのため、勃起に必要な血流の促進低下や細胞の老化や劣化によって、勃起に必要とされる機能が低下してしまいます。

 

 

20歳からタバコを吸い始めたとして40年以上、60代男性にとって喫煙は長年の習慣となっていることでしょう。

 

 

ですが、今からでも禁煙することで体内細胞が復活することも不可能ではなく、精力を取り戻すことにもつながります。

 

 

いつまでも若く元気でありたいと感じている方も多いと思われます

 

 

60代男性でも生活習慣を見直すことで、いつまでも若さを維持する方向付けは可能なことです。

 

 

人気の関連記事

 

男の自信を取り戻す!勃起サプリランキング

 

 

コンプレックスを自信に変える!増大サプリランキング

 

 

最強の男性用サプリ【ヴィトックスα】を徹底解説!

 

 

中高年男性から絶大な支持!【クラチャイダムゴールド】について解説

 

 

 

 

おすすめ精力剤ランキング!

当サイト人気ナンバーワン精力剤!


トップページ 勃起サプリランキング 増大サプリランキング 勃起サプリ一覧